新居選びのチェックポイント

新居を探すとき、「ただ何となく…」では困ります。場所に不便はないか、予算内でおさまる物件か、生活環境に不便はないか、室内は納得のいくものか、など、色々な角度から考え、選び出すのが大切ですね。

 

「場所」について

 

・通勤に差し障りはないか?

 

・駅からの距離は大丈夫か?

 

・交通の便に不自由はないか?

 

 

「予算」について

 

・家賃は収入の3分の1以内で収まるか?

 

・入居する時にかかる費用は?
(敷金、礼金、仲介手数料、など)

 

・契約更新料、退去時の条件など納得できるか?

 

「生活環境」について

 

・買い物の利便性(スーパなど)

 

・病院、役所、銀行などの場所から近いか?

 

・治安はよいか?安心できる場所か?

 

・子育て環境は良いか?(公園、幼稚園、小学校など)

 

「室内」について

 

・広さや間取りは大丈夫?

 

・収納スペースは十分にある?

 

・水漏れや悪臭などはないか?

 

・日当たりのよいところか?

 

・部屋の壁や床などに汚れや傷はないか?

 

「その他」について

 

・ゴマの収集方法、集積場所

 

・駐車場はあるか?

 

・管理人はいるのか?

 

気になる物件はチェックしておこう

 

めぼしい物件が見つかったら、必ず足を運んで下見すること!これは絶対に行ってくださいね。写真だけでなく、しっかりと自分たちの目でみてチェックしておきましょう。これは基本中のキホンです、

 

ただ、1回のみの見学では物件選びの失敗のもとです。昼間に見学したら、次は夜に行ってみる。晴れた日に見学したら、雨の日も見学してみる、など、下見の条件を変えてみることも失敗を防ぐポイント!

 

昼間に見学に行ったときは素敵に思えた物件でも、夜に見学にいくと人通りが少なく街灯もない薄暗い環境であることに気がついたり…。

 

条件が違うと新居に対する印象もかなり違ってきます。その物件が自分たちにとって本当によいところなのかが、住んでから後悔しないためにも周辺環境まで含めて慎重に検討してみてくださいね。

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 新居・引越しについて > 新居選びのチェックポイント

QLOOKアクセス解析