荷造りしよう

荷造りはいつからスタートするの?

 

新居が決まったら

 

引越し間際になってバタバタしてしまわないよう、
荷造りは最低でも引越しの2週間前から始めておいた方がいいでしょう。

 

毎日少しずつ段ボールに詰めておくことをお勧めします。

 

荷造りのコツ

 

荷造りのコツは、”しばらく使わないもの”から、”日常的につかうもの”へと段階的に作業を進めていくことです。

 

引越し直前の荷造りでバタバタしないためにも早めの荷造りが必要ということをいいました。しかし、今使っているもの(引越しまで使い続けるもの)を段ボールにしまい込んでしまうと、使うたびにそこから取り出さなくてはいけません。それは非常にめんどうくさいですよね。

 

引越しまで全く使わないものを優先的に段ボールにしまい、あとのものはしまい込まず、直前まで出しておいた方がいいでしょう。

 

荷造りスタート

 

段ボールなどを用意する

段ボールやガムテープなど引越しに必要な梱包用品を用意します。

 

不用品は思いきって捨てる

粗大ゴミは、地元自治体へ連絡して引き取ってもらいます。まだ、使えそうなものはリサイクルショップに出すという方法も…。

 

使わない調理器具や食器など

食器は割れないように新聞紙などで包んでおきます。1枚1枚包んだ食器は段ボールの中に詰めていきましょう。

 

使わない本やCDなど

本などは重いので、大きな段ボールに詰めると後で持ち運ぶのに苦労します。持ち運びのことを考えた小さめの段ボールを用意した方がいいでしょう。

 

オフシーズンの衣類などを荷造りしよう

しばらく着ることのない服などは、早めに段ボールに詰めておいて構いません。段ボールに詰めたら、名前を書いておくとあとで開けるとき便利です。

 

家電を運ぶ準備をしましょう

冷蔵庫の中から食料品をすべて出し空っぽの状態にします。冷蔵庫は水抜きが必要なので、冷蔵庫の電源を切っておきましょう。(洗濯機も同じように電源切る)

 

不用品の処分も忘れずに!

荷造りするにあたり、いらなくなった不用品の処分も計画にいれておきましょう。使わなくなったテレビやエアコン、冷蔵庫などは販売店か、取り引き協力店などで引き取ってもらいます。

 

そのほか、ソファや布団などの粗大ごみは地元自治体に連絡を!まだ、捨てるにはもったいないと思うものであれば、リサイクルショップなどに持っていくという方法もありですよ。

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 新居・引越しについて > 荷造りしよう

QLOOKアクセス解析