失敗しない家具選びのポイント

家具選び新居が決まったら、次は家具をそろえていきましょう。でも、何を購入し、それをどこに何を置けばいいのか?悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

 

これらは出費が大きいので、失敗は絶対に避けたいですよね。そこで今回は、新生活のための失敗しない家具の選び方のポイントをご紹介いたしましょう。

 

家具選びの4つのポイント

大きな出費となる家具選び。買ってから後悔しないよう、実際に購入する前に押さえておきたいポイントを4つあげてみました。

 

(1)必要なものをリストアップ

 

(2)新居のサイズをチェックしておこう

 

(3)予算を立てて、優先順位を

 

(4)購入のしかたはメリハリを付けて!

 

それでは一つずつ説明していきたいと思います。

 

(1)必要なものをリストアップ

まずは、新婚生活に必要な家具をリストアップします。ベッドやダイニングテーブル、食器棚、ソファ、整理ダンス、チェスト、収納家具など、いろいろほしいものはあると思いますが、これらほしい家具をすべてリストアップしてください。

 

ほしい家具をすべてリストアップしたら、今使っている家具の中で使えそうなものはないか、探してみてください。新生活スタート時からすべていっぺんに揃えるのは、大変なことです。日々の生活の中で「これだけは絶対に必要だし、変え揃えたい!」というものだけを、まずは購入するというのが賢い家具の購入のしかたです。

 

(2)新居のサイズをチェックしておこう

せっかく家具を購入したにも関わらず、部屋のサイズと合っていなかったら困りますよね。家具選びで大切な
ことは家具と部屋のサイズの問題です。

 

インテリアショップや家具専門店で並んでいる家具類というのは案外小さく思えますが、実際に家に運んでみるとかなり大きめのサイズで驚いてしまうことがあります。

 

気に入った家具があったとしてもすぐに購入をしないで、まずはサイズを測ることです。その家具サイズと同じスケールの新聞紙を用意します。家具を置きたい場所にその新聞紙を置いてみると家具の大きさがリアルに分かるので便利です。

 

また、ベッドやタンスなど大きいものは荷物を運ぶ経路を考えながら選ぶ必要があります。ドアや窓の幅、高さなどを測るのを忘れないようにしましょう。家具の大きさだけでなく、人が余裕をもって通れるかなど無理のない配置になるように心かけた方がいいでしょう。

 

(3)予算を立てて、優先順位を

家具を購入するための予算を二人で考えておきましょう。ちなみに「ゼクシィ新生活準備調査2010」の全国平均などの対象アンケートによると予算の相場は、家具やインテリア用品で家具購入の平均48.6万でした。

 

この家具購入平均額を頭にいれながら、家具購入のための予算を決定してみてはいかがでしょう。また、ほしい家具が自分たちの予算の中で購入できない場合は、今一番必要な家具を決めて優先的に購入するのがいいかと思います。

 

(4)購入のしかたはメリハリを付けて!

家具を選ぶなら、「長く使うものだからいいものを購入したい!」という考え方と「最初だから使う捨てでいいや、あとで質のよいものを徐々に揃えていこう!」という二通りの考え方があります。これらの考え方、どちらが良くて、どちらが悪いか、ということはありません。二人の考え方の方針で決めていっていいでしょう。

 

家具を選ぶなら質の良いものを!という考えかたがポピュラーですし、たしかにそれに越したことはありません。でも、これからの新婚生活で長く使えるものを選びたいと思っていても予算の関係もあるでしょう。

 

長く使いこむソファやベッドは、多少値段が張っても本当に気に入ったものを探した方がいいでしょうし、玄関のシューズラックやテレビ用ボードなどは組み立て式タイプの安いものでもいいと思います。このようにものによってメリハリを付けることは賢い購入方法だと思います。

 

それほど、価値を置いていない家具類は「最初はつかい捨てでいいや!」くらいの気持ちで、お手頃の組み立て式のものからスタートしてみるという選択もありだと思います。ネットでも素敵なデザインの家具が低価格で購入できるので、「引越しや結婚式でお金がかかっちゃって困るわ」という方には、お勧めしたい購入法ですね。

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 家具を揃えよう > 失敗しない家具選びのポイント

QLOOKアクセス解析