寝室の家具の選び方

家具選び二人だけの空間である寝室の家具選びはこだわりたい人も多いはず!特に慎重に時間をかけて選びたいのがベッドです。「寝返りをうっても安心できるくらいの大きさ」「寝心地のよいスプリング」のものを選びましょう。「収納力」のある容量を確保するのもポイントですね。また、衣服の収納は、小さすぎてはダメ。ゆとりを持った大きさのものを購入したいものです。

 

ベッド

ベッドは、部屋の間取りや大きさによって決まってしまいますが、できれば、1人1台にした方がいいでしょう。(シングル2台はダブルベッドのようにくっつけられるので)というのもダブルベッドだとマットレスが一枚なので、寝返りなどの振動が伝わってしまいます。パートナーが特に寝相が悪いなら、なおさらベッドは1人1台がおススメですね。
しかし、どうしてもお部屋にゆとりがないのであれば、ダブルベッドだけどマットレスは2枚別々のものを選ぶという選択もありです。マットレスが別れていれば、寝返りの振動も伝わりにくいでしょう。

 

ベッドはただ寝るだけのものではなく、収納付きであったり、リクライニングできるものであったり、いろいろ多機能付きのベッドが売られています。寝室の状況を考えながら自分たちのスタイルに合ったベッドを選ぶのをおススメします。

 

チェスト

衣服の収納はできるだけ大容量のものが何かと便利です。とはいっても見た目が大きければ、収納力があるとはかぎりません。引き出しの数や深さをしっかりとチェックしましょう。引き出しの数は、大小いろいろあった方がいい!衣服だけでなく、二人分のハンカチや下着などをしまえるよう小さいタイプの引き出しも必要になってくるでしょう。

 

また、チェストはできるだけ「低め」のものを選んだ方がいいかも!その方が、圧迫感を感じることなく、収納できるので見ためとしても落ち着くでしょう。

 

クローゼット(ワードローブ)

衣装を収納するのに欠かせないのがクローゼット。クローゼットの扉を開け閉めするのは、扉の前に立って行いますので、扉の前には開け閉めするための空間を取らなければなりません。

 

とはいっても、寝室はベッドやチェストなど大きな家具があるため、クローゼットの前が狭いケースも多いもの。寝室にクローゼットの扉は、できれば「引き戸タイプ」がいいでしょう。引き戸タイプは、左右に開くので扉の前が狭くても開け閉めしやすいので、大変助かりますよね。

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 家具を揃えよう > 寝室の家具の選び方

QLOOKアクセス解析