ベストな家計管理のしかた

家計管理独身時代は別々に管理していたお財布ですがが、結婚したらお財布は一緒です。

あるていど、お金のルールを作っておくことが重要ですね。
まずは、「家計管理は誰がやるのか」ここを早めに決めた方がいいでしょう。

 

妻が専業主婦(パート)の場合

 

フライパン妻が専業主婦やパートをしている場合、夫にはお小遣いとしてお金を渡すケースがほとんどでしょう。つまり、家計のやりくりは妻が行っているパターンです。この家計管理法のメリットは、なんといっても収支の把握をしやすいというところ。妻が節約上手で逢った場合、家計のお金が貯まりやすいので、家庭としては一石二鳥ですよね。

 

しかし、最近ではクレジットカードや電子マネーを使う機会が増えているので要注意!知らない間に旦那さんがカードで買い物をしていた、という可能性も。カードを持っているご家庭はそのような事態にならぬよう毎月、カード会社からの明細をしっかりチェックし、使ったお金の内訳について夫婦で話し合うようにしておきたいものです。

 

共働き家庭の場合

 

共働き夫婦が共働きの場合、夫婦でひとつの「家計用の銀行口座やお財布」を用意して、そこにお互いがお金を入れてやりくりするパターンがおススメです。これは、夫と妻の銀行口座のほか作っておいてください。

 

まず、基本生活費がわかれば、決めた金額をお給料日に入金します。夫の収入が妻よりも2倍多ければ、それと比例するよう妻より2倍多く、家計用の口座に入れることになります。そこから公共料金など自動的に引き落としたり、食費や日用品などを支払いをまかなっていきましょう。残業などをして多く稼いだ月は、追加収入がそのまま自分のお小遣いになるので、仕事へのモチベーションもアップするはず!

 

二人の価値観にそったお金の管理法を!

 

共働きいかがでしたか?自分たちにあった家計管理のしかたが分かりましたか?財布をひとつにして小遣い制にするか?それとも財布を分けてそれぞれがお金の管理をするのか?お金の管理方法の選択は、夫婦間の微妙なズレにも影響するので、話し合いには気をつけたいところ。十分な話し合いでお互いが納得のいく方法を選びたいものです。

 

ちなみに、共働きであっても妻が家計管理をし、夫にお小遣いを渡すというパターンでもOKです。その方が、お金の流れがはっきり見えますし、妻がやりくり上手の場合は、お金も貯まりやすいからです。

 

まずは、実際にやってみて、どうしても自分たちのスタイルには合わないとしたら、やり方を変えてみるのもいいでしょう。二人にぴったりの方法を見つけてくださいね。

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 結婚後のマネープラン > ベストな家計管理のしかた

QLOOKアクセス解析