持ち家と賃貸、どっちが得!?

マイホーム結婚したら、家を購入した方が将来のためにもいいのでしょうか?住宅は一生のうちで一番高い買い物なので、家を購入すべきか、このまま賃貸で一生を過ごすべきか、悩んでしまうところでしょう。はっきりいえば、持ち家と賃貸、どちらがお得なのか断言できないのが本当のところです。

 

賃貸にしても住宅購入にしても、多額の金額がかかります。自分たちの価値観やどんな生き方をしたいのか、しっかり定めてから決めた方がいいでしょう。まずは、持ち家と賃貸の特徴、メリットやデメリットを押さえておくと、選びやすいかもしれませんね。

 

持ち家

持ち家の最大のメリットは、精神的な満足感です。自分の家を持つことで安心感や地震が生まれます。退職までにローンを払い終われば、そのあとの住宅費はほとんどかからないので安心ですね。また、自分の家ということで自由自在にリフォームできます。

 

デメリットは、一度家を建てたからには自由に引越しができないこと。多額のお金が住宅資金につかわれてしまいます。自由に使えるお金が少なくなっているでしょう。また、不動産の値が下がると資産もかなり減ってしまいます。

 

≪メリット≫

 

・自分の家であるという満足感や安心感

 

・ローンが終わったら住宅費がラクになる

 

・老後に家賃の心配をしないでいい

 

・自分の好きなようリフォームできる

 

・トータル的に考えて安心度が高い

 

≪デメリット≫

 

・住宅ローンの支払いに縛られる

 

・収入が減った場合でも住宅ローンが続くため
 家計にかなりの負担がかかる

 

 

賃貸

賃貸の最大のメリットは引越しが気楽にできるところです。家族が増えた、収入が増えた、転勤になった、というときに状況に合わせて住まいを自由に変えられます。また、固定資産税や修理改善などのお金の強い杯をしないでいいです。不動産の値下がりといった心配もないでしょう。

 

デメリットは、一生家賃を払い続けなければならないことです。年金生活のみになったときでも家賃を払い続けなければならないので、それなりの貯金を貯めておかなくてはならないでしょう。

 

≪メリット≫

 

・住宅ローンがない

 

・固定資産税や修理改善費がいらない

 

・ライフスタイルや収入に応じて
 自由に住み替えができる

 

・トータル的に考えて自由度が高い

 

≪デメリット≫

 

・老後の家賃負担が続く

 

・高齢になると家が借りにくくなる

 

 

まだ、悩んでいる場合は…?

持ち家と賃貸のそれぞれのメリットデメリットが分かったところで、自分たち夫婦(家族)は、持ち家がいいのか、賃貸がいいのか、どちらがいいのか考えてみましょう。

 

とはいっても、新婚生活が始まったばかり。将来子供が何人できるのか分からないうちに広い家を購入したり、転勤があるかもしれないのに30年の住宅ローンを組んでしまうのは、どう考えても判断するのが早すぎますよね。結婚したばかりの夫婦は十分な資金があるカップルは少ないと思いますので住宅ローンに一生追われる心配もあります。子供ができた場合、保育園や学校などの教育環境、安全性など、子供にとってベストな立地かどうかさえ分からない状態です。周辺環境がどんなものか分からない状態での購入は危険でしょう。

 

二人の間で、まだ、今後のライフプランが決定されていない場合は、住宅購入を焦らない方がいいです。家を購入するのはまだ先で十分です。とりあえず、自由で柔軟性のある賃貸で生活していきましょう。

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 結婚後のマネープラン > 持ち家と賃貸、どっちが得!?

QLOOKアクセス解析