すでにお腹に子供がいる方へ

人生の3大出費といえば、「住宅費」「老後の資金」「教育費」です。もし、将来子供がほしかったり、すでにお腹に赤ちゃんがいるのであれば、教育資金はかならず必要なときがくるでしょう。

 

教育資金というのは、いつまでにいくらためたらいいのか。生まれたての赤ちゃんを見ても検討がつきませにょね。大学4年にかかる費用の目安としては学費と生活費を合わると国立で500〜700万、私立(文系)で800〜1000万、私立(理系)で1000〜1200万くらいかかるといわれています。

 

目標としては、子供が大学に入学するまでに300万円はほしいもの。一人っ子の場合は、生活費も少なくてすむので300万円以上目指して貯めたい方がいいでしょう。

 

教育資金の賢い貯め方

 

学資保険で貯めるという方法も

将来にかかる多額の学費を「学資保険」という方法で貯めてみませんか。

 

学資保険とは、子供の将来の教育資金のために、決められた保険料を支払うというもの。満期時に(15歳満期、18歳満期など)に満期保険金が受け取れるのが学資保険です。

 

 

学資保険のメリット

万が一、契約者(多くは父親)が亡くなってしまっても、それ以降の保険料は免除されて、お祝い金や保険金は初めの契約通り、受け取れるしくみです。

 

子ども名義の通帳に毎月コツコツと教育資金を貯めることもできますが、マイホームの頭金や繰り上げ返済の費用、自動車の買い替えなどで解約してしまうケースも珍しくありません。それが、子供名義の通帳であってもです。

 

しかし、学資保険に入っていれば、「簡単には解約はできない」という気持ちがあるので、教育資金を継続しやすいでしょう。保険者(多くは父親か母親)にもしものことがあったときの保険付きタイプがほとんどのなので安心感があります。ほとんどの人が契約して感謝をしているほどです。

 

 

保険会社を選ぶポイント

 

 

とはいっても、どこの保険会社の学資保険でもお得かというとそうではなく、やはり低金利の今、元本割れしていたり、利回りが少ないところも…。たとえば、郵便局の学資保険は昔は貯金で貯めるよりも有利でした。しかし、今は違います。

 

郵便局の学資保険でためてしまうと、月々払う金額の合計(保険料総額)よりも、受け取る金額(満期金やお祝い金)の方が少なくなるというケースがほとんどです。(年齢や性別によって違いあり)他の保険会社の学資保険やこども保険にもそのようなケースがあるので、気をつけましょう。

 

また、子供の医療費、死亡給付金など充実した保障がついているタイプの学資保険は、返戻率が100%をし貯まりますので、満期時に受け取った満期補償金が元本割れすることも十分に考えられますので気をつけてくださいね。(ただし、子供の医療費や死亡給付金などを求めているならそれでもOK)

 

元本が保障されていて、少しでも利回りがよいところを探し加入した方がいいです。払う金額の合計と受け取る金額を必ずチェックしてみることが大切ですね。

 

 

学資保険はいつから加入したらいい?

 

 

ところで、学資保険はいつから入ったほうがいいのでしょうか。子供が生まれたらすぐに加入するのがベストタイミングです。遅くとも幼稚園入園までは入っておいたほうがいでしょう。どこの保険会社に入ったほうがいいのか、直前になって迷うことのないよう、妊娠中から色々と資料請求し、調べておくことをおススメします!

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 結婚後のマネープラン > すでにお腹に子供がいる方へ

QLOOKアクセス解析