「保険」に加入しよう

もしも、の時を考えて「保険」に入ろう

 

独身時代、もしものことがあったとしたら両親は悲しむでしょう。しかし、経済的に困ることはありません。また、病気になりにくい若いうちは入院する機会もほとんどありませんよね。なので、保険の必要性はあまり感じないことと思います。

 

しかし、結婚したら、夫婦とも互いに生活がかかってきます。どちらか一方に、もしものことがあったとき、入院してしまったとき、残された家族はどうでしょう。経済的な負担が残された妻(夫)にどっしりとかかってしまいますよね。

 

 

保険というのは、何かあったときにしか実感できないので、必要性を感じられにくいところがあるもの。つい、「後でいいや」と後回しにしているうちに、忘れてしまうことも多いでしょう。しかし、健康を害してから保険に入るのはとても難しいです。保険が必要になってからではもう遅いのです。

 

片方にもしものことが合った場合、お金はどれくらいかかるのか?そんなことは考えたくもないでしょうが、残された家族の経済的負担はとてつもなく膨大なものに。そんな心配も保険に入っておけば軽くなります。

 

もし、独身時代に保険に加入していなかったら、結婚を機会に保険に入っておくようにしたいものです。

 

結婚した当初は「医療保険」のみでOK!

とはいっても結婚してすぐに死亡保障のある保険に入らなくても大丈夫です。結婚しても多くのカップルは共働きを続けていると考えられますので、夫も妻も「医療保険」だけあれば十分でしょう。医療保険だけの方が保険料は断然安いですし、シンプルなので見直ししやすいです。

 

妻が妊娠したら「死亡保険」をプラス

子供が生まれたら(正式には妻の妊娠が分かった時点で)夫は、これまでの医療保険に死亡保険をプラスしましょう。妻が専業主婦であれば、「家族の生活費+子供の教育費」を、妻が働いているなら「子供の教育費」くらいの死亡保険金を準備しておきたいものです。

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 結婚後のマネープラン > 「保険」に加入しよう

QLOOKアクセス解析