生命保険の種類と特徴を知る

独身のときには全く興味のなかった人も、結婚したり、子供ができたりすれば無関心でいられなくなるのが、生命保険についてです。結婚したら、生命保険の基本をしっかりと押さえておきましょう。

 

保険会社のすすめられるままに入ると、なおさら分からなくなるし、見直しを進められたりします。保険料はどんどん高くなり家計はパンク状態になるでしょう。ちなみに20代や30代のカップルなら加入すべき保険は、「医療保険」と「死亡保険」でいいと思います。

 

生命保険の種類と特徴を以下にまとめてみたのでご覧ください。

 

生きるための保険

 

医療保険

入院したときに入院日数に応じて支払われる入院保険。
誰にでも必要である。

 

 

がん保険

がんで入院や手術をしたときに給付金が支払われる
家系的にがんになりやすい人、がんが不安の人に必要である。

 

 

特定疾患病(三大疾患)保険

がん、心筋梗塞、脳卒中、と診断されたら、一時金が支払われる。
保険料が高いので特に必要はないが、あったら困らないのでお金に余裕があれば…。

 

年金保険

60歳、65歳までに保険料を払い、それ以降年金として受け取ることが出来る保険。
老後の資金の貯め方はいろいろあるので無理に入らなくてもよし。
もし、入るとしたら40歳以降に入ろう。

 

死亡したときの保険

 

定期保険

亡くなったときに遺族に死亡保険金が支払われる。ただし、期間が決まっている。
それ以降に亡くなっても支払われない。保険料は掛け捨てである。

 

子供や妻(配偶者)がいる人、子供の教育資金が必要な人は入っておいた方がいい。

 

収入保障保険

定期保険のひとつ。定期保険がまとめて支払われるタイプだが、こちらは毎月支払われる。
保険料は安くて掛け捨てタイプ。

 

子供や妻(配偶者)がいる人向け。

 

終身保険

亡くなったときに必ず死亡保険金が支払われる。
保障は一生続くが、毎月の保険料はかなり高め。

 

理解できるものだけに加入すること!

上に紹介した以外にも「年額保険」や「変額年金」「自由設計型保険」などいろいろあります。20代や30代には必要のないものだったり、仕組みがとても分かりにくいものだったりするので、上の保険の種類には説明しませんでした。

 

生命保険は勧められるままに入ると思わぬ出費で家計もキツキツになってしまいます。保険の基本をしっかりと理解していないと思わぬ大損となってしまう場合も・・・。保険会社のはなしを鵜呑みにせず、生命保険の種類と基本をしっかりと知り、自分が理解できる保険のみに加入しましょう。

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 結婚後のマネープラン > 生命保険の種類と特徴を知る

QLOOKアクセス解析