結婚後の年中行事とは?

結婚後は、季節のあいさつ(年中行事)は欠かせません。結婚後に行いたい年中行事とはいったいどんなものがあるのでしょうか。やっておきたい年中行事とそのポイントをご紹介いたしますので、確認しておいてくださいね。

 

お正月

まずは、お正月からです。お正月は両家に年始のあいさつに伺います。旦那さんの実家から訪問するのが基本ですが、個々のやり方に従えばよいでしょう。訪問するときは、前もって連絡をとり、訪問する日を決めておくよう気を配ってくださいね。

 

お中元

この半年にお世話になった方に贈るのが「お中元」です。最近では親に贈る人も増えているようですね。

 

お盆の帰省

お盆に帰省する場合は、あらかじめ日程と期間を伝えておきます。帰省している間、家でお世話になるわけですが、もう結婚したのでお客様ではありません。食事のしたくを始めとした家の手伝いは率先して行うようにしたいものです。

 

お歳暮

お中元を贈ったお世話になった人には、もちろんお歳暮も贈るのが当然のマナーです。贈る人のライフスタイルに合った喜ばれる品物を用意し、日ごろの感謝の気持ちを込めて贈りましょう。

 

母の日、父の日

母の日が5月の第2日曜日、父の日が6月の第3日曜日となります。両家の親に心のこもった贈り物を渡します。両家の親へ贈るプレゼントは、贈りたい相手に喜ばれそうなものをチョイスするのが大切です。とはいっても、それぞれの親へ贈るプレゼントの費用に偏りがあってはいけないので、同等の金額の中でそれぞれが喜んでくれそうなものを選ぶようにしたいもの。費用のめやすは、5,000円から1万円くらいのものを考えてみてはいかがでしょう。

 

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 結婚後のお付き合い > 結婚後の年中行事とは?

QLOOKアクセス解析