お悔やみ事のマナー

葬儀はどのような流れで行われるのか?葬儀の流れを知りましょう。

 

訃報から弔問まで

突然の訃報(ふほう)を受けたらすぐに葬式の日の確認をしましょう。亡くなった日が親族だけの仮通夜、翌日が本通夜というのが普通ですが、遺族が不在だったり、火葬場の休み(友引の日)であったり、年末年始だった場合は、葬式の日が延長されるケースもあります。

 

訃報を受けたら、身内や親族、近親者が遺族のもとに駆けつけます。遺族にお悔やみを述べて、葬儀準備を手伝うため、励ますための弔問(ちょうもん)です。この時は、喪服を着ることはNGで、地味な服装で訪れることがマナーとなっています。

 

 

通夜から告別式まで

通夜について

 

故人と深い関わりにある人、親族などの近親者が、故人の霊を夜通し慰めるのが通夜です。通夜は、夕刻の6時ごろから始まり、9時ごろに終わるのが一般的です。(半通夜と呼ばれるもの)このときは、喪服を着て訪れます。

 

受付ではまずは、「心からお悔やみ申し上げます」とお悔やみの言葉を述べてから、会葬者名簿に記帳します。そして、香典を渡します。受付でむき出しに香典を出すのではなく、「ふくさ」と呼ばれる包みから差し出した方がよりよいでしょう。

 

夫の両親や祖父母などの通夜の場合は、身内ですので当然準備が始まります。通夜開始前には遺族席にて弔問を受けることになります。自分が親族や近親者の通夜に参列する場合は、忙しい遺族に配慮して手伝いを申し出るなどの気配りを忘れずに。

 

通夜のあと、故人と親しい人たちが集まり、個人を供養するために軽い飲食を共にする席が設けられる場合があります。親族であったり、近親者として参列した場合は、快く受けた方がいいでしょう。退席する場合は、遺族に励ましの言葉をかけて、故人の霊前に拝礼をして、選考をさせてもらうように。

 

葬儀、告別式について

通夜の翌日に行われるのが葬儀、告別式です。葬儀は、故人の冥福を祈り、成仏できるよう祈りをささげる儀式です。告別式は、故人と最後のお別れをする儀式です。遺族や親族など、一般の弔問者までが参列して出棺まで見送りします。この際は、もちろん喪服を着用して訪れてください。

 

 

お悔やみごとの必需品

 

○ふくさ

香典をむき出しのまま持ち歩くのは失礼にあたります。喪服と一緒に「ふくさ」は用意しておいた方がいいでしょう。「ふくさ」は地味な色であれば、黒でなくてもOKです。夫婦兼用で、慶弔両用を選んでおくととても便利でしょう。

 

レビュー書くなら【メール便送料無料】定番小花ちりめん金封ふくさ(袱紗)

ふくさ(袱紗)★【宅配便も送料無料】【8周年記念・ポイント10倍】金封ふくさ 【ちりめん桜小紋】【楽ギフ_包装選択】

慶弔金封ふくさ・冠婚葬祭ふくさ・結婚式・慶弔両用 ポリエステル紬リバーシブル金封ふくさ(袱紗)/日本製のふくさ【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【あす楽_土曜営業】

 

○数珠(じゅず)

自分の家の宗旨が仏教であれば、拝礼の時に用いる「数珠」も必需品。葬儀だけでなく法要や墓参りなど出番が多いので、早めに用意しておくと重宝します。数珠は男性用、女性用で大きさが違います。女性用は水晶のほかローズクォーツ(紅水晶)やメノウ、ヒスイなど、さまざまな種類があります。

 

【レビューでメール便無料】天然石を贅沢に使った高級お数珠/念珠。葬儀用に大人のマナーとして。【数珠,ブレスレット,クリスタル,タイガーアイ,シェルパール,水晶,アベンチュリン,オニキス,慶弔,法事

【メール便発送 送料無料】天然石モリオン(黒水晶) 8mm玉念珠 お数珠 男女兼用(お墓参り/冠婚葬祭/弔事/葬式/葬儀/通夜/法要/法事)在庫あり!【即納】 02P3Feb12

男性用片手念珠(数珠) 縞黒檀22玉正絹鉄色 男性用片手念珠【各宗派共用】

関連記事

新婚夫婦のための新生活準備応援サイト > 結婚後のお付き合い > お悔やみ事のマナー

QLOOKアクセス解析